スマホVR「Canbor VRゴーグル」の使い方と評価レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Canbor VRゴーグルはスマホ用のVRヘッドセットです。2000円前後という低価格にもかかわらず、焦点距離調整機能やヘッドホンがついていたりと、その品質は非常に高く、Amazonでも高評価のレビューが連なっています。

そこで、Canbor VRゴーグルの特長や使い方などについて詳しく説明します。

Canbor VRゴーグルの特長

「Canbor VRゴーグル」とは、スマートフォンでVRを楽しむためのモバイルヘッドセットです。たくさんのモバイルVRゴーグルが登場している中で、低価格で機能性を備えたVRゴーグル「Canbor VR」の特長についてご紹介します。

安価で高品質なVRヘッドセット

© Canbor

「Canbor VR」の特長のひとつはその価格帯にあります。たくさんのメーカーからスマホに対応した様々な種類のモバイルVRゴーグルが発売されていますが、その中でもこの「Canbor VR」の価格は2000円前後と非常に安い価格で購入することができます。高級なVRゴーグルからさらに安いものまでたくさんありますが、120度の視野角をこの価格で体験出来るVRゴーグルはあまり多くありません。

4.7-6.2インチのスマホに対応

スマホのサイズにもバリエーションがあり、使用するスマートフォンやVRゴーグルによってはサイズが合わずにうまく使用できない場合があります。この「Canvor VR」は4.7~6.2インチサイズのスマートフォンに対応しているため、広い機種で使用することができます。また、AndroidとiOS両方のスマートフォンに対応しています。

伸縮式のヘッドホン付き

伸縮式のヘッドホン

「Canbor VR」には伸縮式のヘッドホンがついており、ヘッドホン部分のネックを前後に伸縮させ長さを調整することができます。ゴーグル上部には音量の+-ボタンがあり、またイヤホンプラグも搭載されているため、自分の使い方に合わせて音量や使用方法を選択することができるようになっています。

瞳孔間距離(PD)と焦点距離(FD)が調整可能

本体上部の中央についているダイヤルを回すことによって、瞳孔間距離(PD)を調節することができ、横にあるダイヤルを回すと焦点距離(FD)を調節してピントの調節ができるようになっています。細かい調整が可能なため、誰でも自分に合った設定を簡単に行うことができます。

瞳孔間距離(PD)調節ダイヤル

また、レンズには非球面ブルーライトカットレンズを使用しているため、まぶしすぎる画面の光による目の疲れを軽減してくれる効果があります。

顔接触面にソフト革を使用

「Canbor VR」では、顔とヘッドセットが直接密着するヘッドベルト部分や接触面にソフト革を使用しているため、体験中の接触の違和感を軽減するとともに顔を安全に保護する仕組みが施されています。このソフト革は柔らかく通気性に優れているため、長時間のVR体験でも負担を軽減してくれるようになっています。

Canbor VRゴーグルの使い方

「Canbor VR」は本体前面のパネルを開くことができ、開いたスペースにスマートフォンを収納して使用します。

スマートフォン搭載後は、ヘッドバンドを用いて頭部に装着を行い、各ダイヤルを操作して瞳孔間距離と焦点距離の調節を行います。

音を使用する際には、ゴーグルのヘッドホンプラグをスマートフォンのイヤホンジャックに差し込むことで、ヘッドホンから音を聞くことができます。

スマートフォン収納パネル内にあるヘッドホンプラグ

ゴーグルにスマートフォンを搭載した後でも、スクリーンタッチボタンや音量調整ボタンによって装着したままでも操作が可能です。

Canbor VRゴーグルの評価レビュー

ここまで「Canbor VR」の特長や使い方について説明してきましたが、実際に使用してみた際のレビューを少しご紹介したいと思います。

この「Canbor VRゴーグル」はたくさんあるVRゴーグルの中でも非常に安い価格帯です。また、安い価格でありながら、ご紹介した瞳孔間距離や焦点距離調節機能など、VR体験を快適に行ううえで必須な機能が備わっています。さらに視野角が120度あるモバイルVRゴーグルであるため、高品質かつ低下価格なVRゴーグルということができます。そのためか、ショッピングサイトのAmazonのレビューを見てみても、非常に高い評価が多くついていることがわかります。

ただ、このレビューには古い型のモデルについての評価も含まれているため、現在発売されている「Canbor VR」の評価ということはできません。しかし、この「Canbor VR」が安い値段に対し、とても優れた機能を持っていることは間違いありません。

Bluetoothリモコンつきモデルもある

この「Canbor VRゴーグル」ですが、Bluetoothリモコンが付属しているモデルも発売されています。本体だけでも装着中の操作が可能ですが、Bluetoothリモコンがあれば、さらに快適なVR体験を実現することができます。

Bluetoothリモコンがついているモデルは、1000円前後高くなりますが、元々低価格な製品なので、リモコンつきモデルで快適にVRを楽しむことも悪くないでしょう。

まとめ

今回は低価格でありながら瞳孔間距離調節や焦点距離調節機能、さらにヘッドホンまで付属している高品質なVRゴーグル「Canvor VR」をご紹介してきました。たくさんのVRゴーグルが発売されていますが、その中でも優れたコストパフォーマンスを発揮するモバイルVRゴーグルといえる商品でしょう。自分に合ったVRゴーグルを使って、VR体験を楽しんでみてください。


<Canbor VRゴーグルの購入はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る