格安スマホ用VRゴーグル「VR BOX」の使い方や値段レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

VRを本格的に楽しめるPC用VRヘッドセットは5万円〜8万円ほどするとても高価なものですが、スマホ用VRゴーグルには安価に購入できるものがたくさんあります。「VR BOX」はそういった格安のスマホ用VRゴーグルのひとつです。

ここでは、初めてのVRゴーグル購入を検討している人を対象に、VR BOXの使い方や値段について説明します。

VR BOXとは?

VR BOXとは、その名前から想像できる通りスマートフォンを箱型のケースに入れてVRを楽しむことができるシンプルな仕組みのモバイルVRゴーグルです。

気軽にVRを楽しむことができるVRゴーグルというものはたくさんあり、他のVRゴーグルの多くが本体の表面を開いてスマートフォンを収納するというのに対し、このVR BOXでは専用のケースにスマートフォンを収納するという特徴があります。また他にも、瞳孔間距離(IPD)を調整するポイントや、ピントの調整について他にあるVRゴーグルと少し違う点もいくつか見られます。

見た目は白に黒という非常にシンプルなデザインで、ヘッドバンドがついており頭のサイズに合わせて調節しながら装着することができるVRゴーグルです。幅広いスマートフォンに対応しているため、ほとんどサイズや機種を気にする必要なく、VRを体験することができます。

また、メガネを着用していても使用が可能なため、視力が気になるという人も問題なく使用することができます。

VR BOXの値段

VR BOXは1000円前後で購入することができます。

VRゴーグルは、様々なメーカーからたくさんの種類のものが発売されていて、VRを本格的に最高のクオリティで楽しみたいといった場合に必要となる高価なVRゴーグルとなれば5万円〜8万円ほどとなり非常に値段が高いです。

スマートフォン用の安価なVRゴーグルもたくさんありますが、値段にもバリエーションがあります。もちろんスマホ用のVRゴーグルでも高価なものはたくさんありますが、この、VR BOXはとにかく気軽に体験VRを体験することができる価格設定であると言えます。


VR BOXの購入はこちら

VR BOXの使用感レビュー

他のモバイル用VRゴーグルと比べて、非常に安い価格でスマホを使ったVR体験をすることができるVR BOXですが、実際の使用感というものはどういったものがあるのかというレビューを少しご紹介したいと思います。

このVR BOXが他のモバイル用VRゴーグルと比べて何が良いかというと、やはり価格が非常に安く、格安でVRを楽しむことができるというのがポイントの一つだと感じます。スマホでVRを体験しようという場合に高価なVRゴーグルを用意するのはちょっとためらわれるため、低価格でVR体験を味わうことができるというのは手に取りやすく、ユーザにとっても非常にありがたいポイントだと感じます。

気になる点は、使用している歳に周囲の光が少し入ってきたり、奥行きを感じることによって没入感が阻害されたりすることがあるという点です。そのため、格安ゴーグルとしての機能は十分なため、とりあえずVRを体験したみたい場合には非常に適した商品であると言えるでしょう。

以下、参考レビュー動画です。

VR BOXの使い方

このVR BOXの使い方についてご説明します。他社から販売されている同じようなスマホ対応のVRゴーグルとは装着の仕方や特徴など異なる点があるため、正しい方法で装着と準備をする必要があります。

あらかじめ見たいアプリや動画をスマホに入れておく

VR BOXにはコントローラーなどは付属していないため、スマホをVR BOXに装着する前にあらかじめ体験したいVRアプリやVR動画をスマートフォンに入れておく必要があります。装着してからではスマホの操作が基本的にできないため、装着する直前にアプリや動画の起動を行っておくことで使用することができます。

スライド式の挿入口にスマホをセットして楽しむ

このVR BOXを使用する際の特徴はスマートフォンの装着方法です。通常は本体を開いてスマートフォンを装着しますが、このVR BOXでは本体の横から専用のケースをスライドさせて、そのケースにスマートフォンを置いて再度スライドさせることによって本体に装着します。

スマホを装着した後は、ヘッドバンドを使って調節しながら頭部にVR BOXを装着します。バンドは横に着けるものと、頭上をしめるためのバンドが2本あるため、しっかりと装着することができます。

ヘッドバンドを装着した後には瞳孔間距離(IPD)とピントの調整を行う必要があります。このとき、他のVRゴーグルの多くはダイヤルを使ってIPD調整を行いますが、VR BOXではつまみを動かすことによってIPDとピントの調整を片目ずつ行うことができます。

別売のリモコンがあるとより使いやすい

通常、VRゴーグル本体のみの使用である場合、VR BOXにスマホを装着した後はスマホの操作ができなくなってしまうため、あらかじめ動画やアプリのスタートボタンを押した状態でスマホを装着する必要があります。これではやはり使いにくいといった場合には、別売りのBluetoothリモコンを用意することで、スマホをセットした後でも操作をすることが可能になります。

また、連続してVRコンテンツを体験したいといった場合には、ケースからスマホをその都度取り外して操作をするという手間が省けえるため、スムーズにストレスなく操作ができ、より快適に使いやすくなるでしょう。

別売りのBluetoothリモコンはVRゴーグル同様多数販売されているので、目的に応じて必要な機能が揃っているリモコンを使用されることをおすすめします。

まとめ

今回は格安で手に入れることができるスマホ用VRゴーグルのVR BOXについてご紹介してきました。VR BOXは他のモバイル用VRゴーグルとは少し装着や調節の方法について異なる点があるため、使用する際には少し注意が必要となります。格安VRゴーグルとしての機能は十分ではありますが、少し光や没入感ということがやはり本格的なVRゴーグルと比べてしまうと気になる点があるため、とりあえず気軽にVRを体験してみるエントリー用としてはとても優れたVRゴーグルだと言えます。使用してみてもし、もっと快適にVR体験をしたいといった場合にも格安な値段であるため、あとで少し高価なゴーグルに変えてみるということも難しくないでしょう。


VR BOXの購入はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る