今さら聞けない!PlayStation VR(PSVR)ってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PlayStation VR(PSVR)は2016年10月に発売し、一大センセーションを巻き起こしました。当時としては比較的手頃な価格で本格的なVRを楽しめる最新機器として大きな注目を浴び、ゲームタイトルも増えてきています。とはいえ、その名前は有名でも、どんなものなのかよく知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では今さら聞けないPSVRの魅力や価格、おすすめゲームソフトなどについて説明します。

PlayStation VR(PSVR)とは

PlayStation VR(PSVR)のVR体験の精度は非常に高く、ハイエンドと呼ばれるPC用HMDにも引けを取らないクオリティを誇ります。まずはPSVRの概要について説明します。

PlayStation4対応のVRヘッドセット

引用:Play Station VR/©Sony Interactive Entertainment Inc.

PlayStation VR(PSVR)はPlay Station4本体に接続することで、VRゲームを体験できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。PlayStation4対応であるため、使用の際にはPS4本体も必要となります。また、その他に現実世界の身体の動きを感知してVR空間内に反映させるためのセンサーであるPlayStation Cameraも必要となります。

これらの必要機器をPSVRに接続することでVRゲームを楽しむことができるようになります。


<PlayStation VRの購入はこちら>

ゲームはもちろんVR動画も楽しめる

PSVRはゲームだけでなく動画も楽しめるHMDです。PSVR用に配信されているアニメーション、ミュージックビデオ、YouTubeやDMMなどの動画配信サイトの360度動画をVRで体験することができます。

VRでの視聴になるため、通常の動画視聴とは違い振り返ると後ろにも映像が広がっている360度の動画視聴体験が可能になっています。自分自身がアニメの世界に入ってしまったかのような感覚や舞台の上に立っている感覚を味わうことができます。

ハイエンドHMDに次ぐ画質・解像度

HTC ViveやOculus RiftなどのPC用ヘッドマウントディスプレイはハイエンドと呼ばれており、現時点で最高クラスのVR体験ができます。PSVRはこれらのHMDと比べても遜色のない、非常に高い画質でのVR体験が可能です。

解像度はどれだけ細かい部分まで綺麗に映し出せるかを表す度合いで、高画質映像のためには欠かせない要素です。

現時点でPSVRの解像度は1920×1080 (左右の目それぞれに960×1080の映像を表示)となっています。ハイエンドHMDの一つであるHTC Viveの解像度が2160×1200ということを考えると、ハイエンドにかなり近いスペックを誇ることが確認できると思います。

また、一つのピクセルを構成するサブピクセルに赤、緑、青の3原色を使用しているため、非常に色彩豊かな映像をディスプレイに映し出すことができます。PSVRで体験できるVRゲームの品質向上に、この高画質映像が大きな役割を果たしています。

PlayStation Cameraでプレイヤーの位置情報を反映

PlayStation Camera/©Sony Interactive Entertainment Inc.

PlayStation Cameraはプレイヤーの現実世界での動きを感知するセンサーとして働きます。センサーによるトラッキングによってヘッドマウントディスプレイの位置情報を把握してVR空間内の行動に反映するのです。この結果、首を動かしたときに視界が変化するVRならではの体験ができます。

PSVRではPlayStation Cameraを使ったこの技術によってVR体験をより臨場感のあるものにしています。

PSVRシューティングコントローラーも使用可能

多くのPSVR対応ソフトはワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)でプレイできます。しかし、シューティングゲームなどのプレイ時にワイヤレスコントローラーでは臨場感が出ないという人は周辺機器として別売りされている「PlayStation Move モーションコントローラー」や「PS VR シューティングコントローラー」を使用することもできます。

DUALSHOCK 4/©Sony Interactive Entertainment Inc.

<DUALSHOCK4の購入はこちら>

PlayStation Move モーションコントローラーは、手の動きを正確に認識するコントローラーです。PlayStation Cameraとの組み合わせで動きを確認し、剣のような武器として敵と戦ったり、ロボットを操縦したりといった操作に使用できます。

PlayStation Move モーションコントローラー/©Sony Interactive Entertainment Inc.

<PlayStation Move モーションコントローラーの購入はこちら>

PSVR シューティングコントローラーは、武器型のコントローラーです。コントローラーの持ち方や、狙っている場所がそのままVR空間内に反映されるため、現実世界で標的を狙うように自然に狙いを定めることができます。従来のシューティングゲームの操作が苦手な人でもリアリティのある大迫力の銃撃戦を体験することができます。

PS VR シューティングコントローラー/©Sony Interactive Entertainment Inc.

<PSVR シューティングコントローラーの購入はこちら>

別売のヘッドホンも充実

VRでは視覚による情報ももちろん大切ですが、さらにワンランク上のVR体験をしたいのであれば、聴覚的な体験も充実させたいものです。PSVRにはステレオヘッドホン(イヤーピース一式)も同梱されていますが、接続コードの接触などが原因で雑音が入ってしまうこともあります。

別売りではありますが、PSVR専用のヘッドホンも販売されており、5000円前後で購入可能です。通常高音質のヘッドホンは大型のものが大半で、PSVRに干渉してしまうことも多いです。専用ヘッドホンであればPSVRに特化していますので組み合わせて使うには非常に便利です。

ただしあくまでPSVR専用ヘッドホンなので、他の用途にも使いたい場合は別のヘッドホンを購入した方が良いでしょう。

眼鏡をかけたまま使用可能

VR体験の際にメガネ着用のままゴーグルを付けられるのか気にされる方は多いと思います。PSVRではメガネ着用のままでも基本的に体験可能ですので、安心してください。ただし、メガネのフレームが大きい場合は破損の原因ともなりますので、不安な方はメガネのフレームを小さいものにしておくかコンタクトレンズにしてから体験すると良いでしょう。

PSVRの価格は2018年3月29日に値下げ

PSVR(PlayStation Camera同梱版)の本体価格は今までは44980円(税抜)でしたが、2018年3月29日から一万円値下がりし、34980円(税抜)となります。PS4本体も現在スタンダードモデルは1TBのもので34980円(税抜)となっていますので、両方同時購入でも費用は約7万円となります。

PC用HMDのHTC ViveがHMD本体だけで8万円以上することを考えると、比較的安価で購入できることがわかると思います。

本体価格にソフトの値段がプラスされるので一概には言えませんが、ハイエンドクラスのVR体験機器としては購入しやすい価格帯のHMDだといえるでしょう。


<PlayStation VRの購入はこちら>

PSVRの新型と旧型の違い

PSVRは2016年に発売が開始され、その後2017年10月に新型が発売されました。旧型と新型では主にケーブルの面で大きな変更がありました。

旧型のPSVRでは、PSVR本体とプロセッサーユニットのケーブルの途中にあるリモコンにステレオヘッドホン端子がありました。新型ではこのリモコンがヘッドセットに統合され、ステレオヘッドホン端子がPSVR本体の後部の、頭に近い場所に設置されました。この結果、VR体験の際にケーブルが邪魔になりづらく、より快適なVR体験が可能となっており、接続の手間もやや軽減されました。ここが最も大きな変更点です。また、本体全体で10グラムだけ軽量化しています。

リモコンにステレオヘッドホン端子がある旧型/©Sony Interactive Entertainment Inc.

ヘッドセットにステレオヘッドホン端子がある新型/©Sony Interactive Entertainment Inc.

解像度などのスペック面では大きな変更はありませんでしたが、これからPSVRを購入する方は新型を購入した方がケーブルに関するストレスが緩和されているのでより良いVR体験が可能となるでしょう。

【参考記事:新型PlayStation VR(PSVR)は何が変わった?旧型との違いを説明

PSVRのおすすめゲームソフト4選

PSVRはゲームがメインの用途となります。当然ソフトなしではゲーム体験はできません。現在PSVR対応のゲームソフトは100本以上販売されていますが、その中でも特にプレイしていただきたいおすすめソフトを4つ紹介していきます。

バイオハザード7 レジデントイービル

大人気シリーズであるバイオハザードがVRで楽しめる作品です。今までの2D画面でも迫りくるゾンビたちの迫力で恐怖を感じるゲームでしたが、VRによって自分視点になったことでさらに恐怖感を増した、最恐ホラーゲームになっています。

周囲の状況を確認しながら進んでいくことになりますが、ゾンビだけでなく風景にも恐怖をあおる雰囲気が出ているため、なかなか進めない方も多いかもしれません。

VRとホラーの相性は非常に良く、VRを体験している感覚を強く感じられるゲームになっています。

【参考記事:恐怖!VRのホラーゲーム・アプリ・動画・体験施設20選

Rez Infinite

2001年にPS2用ソフトとして発売されたシューティングゲーム「Rez」をPS4に対応させたリメイクソフトです。ワイヤーフレームで描写された電脳世界を進みながら、敵ウィルスに自分の頭の動きを合わせて破壊していくシューティングゲームです。

PS4のみでもプレイ可能なゲームですが、「Area X」と呼ばれる追加ステージは、PSVRでのプレイを想定して作られているため、別世界を浮遊しているような感覚を体験できる幻想的なステージになっています。

THE PLAYROOM VR

THE PLAYROOM VR/©Sony Interactive Entertainment Inc.

PSVRを装着している人以外の人もモニターのゲーム画面を見ながら一緒に楽しむことができるゲームです。マルチプレイでは対戦のほかにも協力してミッションをクリアするゲームもあり、複数人で遊ぶのに非常に適しています。

周囲の人からの情報を元にPSVRを装着している人が標的を捕まえるゲームなど独特な遊び方ができるゲームを複数遊ぶことができます。

サマーレッスン:ひかり・アリソン・ちさと 3 in 1 基本ゲームパック

おそらくPSVR対応ソフトの中で最も有名なタイトルである「サマーレッスン」シリーズのヒロイン3人の家庭教師となる7日間を体験できる欲張りパックです。ヒロイン一人だけのサマーレッスンソフトも発売されており、そちらでは7日間のメインストーリー以外にもそれぞれ追加コンテンツが2つずつ体験できます。

このソフトでは3人全員とのふれあいが可能なため、好きなヒロインを選ぶことができるのが利点です。ヒロインが本当に近くにいるような存在感を感じられるVRらしさが詰まったゲームになっています。


<PlayStation VRの購入はこちら>

【参考記事:PlayStationVR(PSVR)ゲームソフトおすすめランキング15選

PSVRのシネマティックモードで映画鑑賞

引用:PlayStation®Blog/©2018 Sony Interactive Entertainment Inc.

PSVRにはVR空間内でプレイヤーの約2.5メートル先に映画館のような巨大スクリーンを出現させ、2Dの映像を視聴する「シネマティックモード」というモードが存在します。その名の通り映画を楽しむために作られたモードで、DVDやBlu-rayディスクの再生だけでなく、Netflix、Youtube、DMM.comのような動画配信サービス、PS4のメディアプレイヤーからUSBストレージ機器に保存した映像などの視聴も可能です。

自宅に映画館の巨大スクリーンを設置するのはまず不可能ですが、VR空間内にこれを出現させることで物理的な問題を解決したモードです。PSVRを購入したらぜひ試してみてください。

PSVRはPCに接続して使うこともできる(非公式)

PSVRはPS4とセットで使うHMDだという話をここまでしてきましたが、実は裏技的にPCとPSVRを接続して使用する方法があります。

「Trinus PSVR」という無料配布されているドライバアプリケーションがあり、これをインストールすることでSteamVR などのPC向けVRコンテンツをPSVRで楽しむことができるようになります。Trinus PSVRをインストールした後は、それぞれ必要機器をケーブルで接続し、PC上でディスプレイの設定やPSVRのリフレッシュレートの変更などを行うとVRゲームが楽しめるようになります。

ただし気を付けなければならない点はいくつかあります。その一つはコントローラーです。PSVRのコントローラーは使用できません。そのため、コントローラーなしでも遊べるゲームを選択するか、XBOX系統のコントローラーなどのコントローラーとして操作をサポートされているものを用意する必要があります。

また、ヘッドトラッキング性能もそれほど良くないのでトラッキング性能によって大きく体験の精度が変わってきてしまうゲームでは遊ばない方が良いでしょう。

以上のように、PCとPSVRを接続してゲームをすることはできますが、体験の質はそれほど良くはないというのが現状です。また、Trinus PSVRは非公式のアプリケーションですので、インストールや使用は自己責任で行ってください。

PSVRの特別体験会がソニーストアで開催

PSVRを購入する前に一度体験しておきたいという方はソニーストア全5店舗(銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神)で新型PSVRの体験会が行われていますので、自宅から一番近い会場で体験してみるのも良いでしょう。

名古屋と福岡天神では予約なしで土日に体験可能です。それ以外の3店舗では体験前に予約が必要となりますので、予約期間中に日時を決めて予約してから会場へ行ってください。

まとめ

PSVRは値段と比較した際のスペックも十分なので、自宅でVR体験をしたいという方にはとてもおすすめのHMDです。シネマティックモードなど、他のHMDにはない特徴も多く、買っても損のないVR機器です。日本トップクラスのゲームハードであるPlay Stationのゲームを是非VRで体験してみてください。


<PlayStation VRの購入はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る