VRでライブを堪能!VR音楽ライブコンテンツ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ミュージシャンのライブに行くと、録音された音楽とは違う、その場にしかない臨場感を味わうことができます。VRを活用することで、その臨場感を家や別会場で楽しむことができますし、本来は体験できないようなステージ上からの眺めも見ることができます。

そこで、この記事ではVRの音楽ライブコンテンツ10選をご紹介します。

レコチョク・ラボのVRライブストリーミング

© RECO Lab

レコチョク・ラボは株式会社レコチョクの研究開発機関です。AI技術、ネット配信、VR技術を利用した次世市場用のコンテンツを中心に研究を行っています。

レコチョク・ラボが現在サービスを展開しているのが、VRライブストリーミングです。アーティストをライブ会場、スタジオ等で撮影し、それをリアルタイムでVRコンテンツとしてユーザに配信していますが、現在の配信はまだはテスト運用段階です。

サービス利用者は、スマホとヘッドセットでVRライブのコンテンツを楽しむことが出来ます。

タワーレコードのVRライブ配信「M∞CARD」

© M∞CARD/Daiki Sound

音楽ソフトの販売事業を展開しているタワーレコードが発売開始したVRコンテンツが「M∞CARD(エムカード)」です。

「M∞CARD(エムカード)」は47組のアーティストの音楽ライブをVRコンテンツとして収録しています。収録楽曲数は200以上で、ジャンルはインストゥルメンタル、ロック、ジャズ、アイドル、ポップ、ヒップホップと幅広くカーバーしています。

VRライブコンテンツの特徴である臨場感溢れる映像と音楽を楽しむことはもちろん、最前列、空中、バンドメンバーの舞台の中央など、今までにない視点でVRライブコンテンツを楽しめます。

また、スマホを利用することで、ストリーミング配信のVRライブ映像を楽しむことも出来ます。

世界初の3DCGライブホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」

「DMM VR THEATER」は VRゴーグルの着用なしに3DCGのVRライブ映像が楽しめる施設です。

常設会場としては世界初のもので、最新鋭のVRライブ映像技術「ホログラフィック」を利用し、そこに現実に存在するかのような映像を観客の目の前に映し出すことができます。

公演されるコンテンツはX JAPANの「hide」など実在のアーティストだけでなく、「THE IDOL M@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆」などゲーム等の架空キャラのVRライブも開催されています。公演情報、スケジュールは公式サイトで確認できます。

場所はJR横浜駅の南改札西口から徒歩5分です。

ももクロのVRライブが見れるアプリ「VR CRUISE」

引用:VR CRUISE/App Storeプレビュー

「VR CRUISE」は株式会社ejeが提供するVRライブコンテンツのアプリです。アーティストのVRライブコンテンツでは「ももいろクローバーZ」や「倉木麻衣」が代表的なものとなります。

実在のアーティストだけではなく「初音ミク」や「GANTZ」などの架空キャラVR映像を楽しむことができ、また音楽だけではく エンタメコンテンツ、スポーツ、ニュースなどのVRコンテンツも配信するアプリです。

リアルタイム生配信サービス「idoga Live」

© CROSSDEVICE CORPORATION

「idoga Live」は株式会社クロスデバイスが提供するVRライブ配信サービスです。「idoga Live」は世界初の360度のパノラマで展開するVRライブ映像を配信します。更に、360度映像内に一般放送映像をワイプ挿入できる機能をもっています。

VRライブ映像は、PCやスマホでも楽しめるカンタン360ライブから、専用4K高精細高性能カメラを5台使用した高品位360ライブ配信まで、ユーザーのニーズに対応しています。

また、今はまだ実装されていませんが、スポーツ、音楽イベント、期間限定展示イベント、eラーニング、防災監視などをidogaアプリを使用し有料で配信する方向で進んでいます。

初音ミク VR フューチャーライブ

「初音ミク VR フューチャーライブ」は大ブームを起こした人気のボーカロイド「初音ミク」のVRライブです。セガが開発したPlayStation®VR用のVRライブコンサートになります。

電子の歌姫・初音ミクがユーザーの目の前で歌い、踊るという圧倒的な臨場感を体感できます。リアルなライブで体験できない、あらゆる角度から初音ミクのVRライブコンサートを見ることが出来ます。

手を伸ばせ触れるかの様な距離で初音ミクのパフォーマンスを楽しむことの出来るVRライブコンテンツです。

VR ZONE SHINJUKUでのVRライブ「IDOLiSH7 PRISM NIGHT」

出典;VR ZONE SHINJUKU

新宿にあるVR体験専用の巨大施設「VR ZONE SHINJUKU」では、スマホ用の男性アイドル育成ゲーム「IDOLiSH7」のキャラクターによるVRライブが行われています。

「IDOLiSH7」のパフォーマンスをVRライブで楽しめ、またトークタイムの中では会場で貸し出されるペンライトの色で、「IDOLiSH7」のメンバーに質問することができるスペシャルコーナーも用意されています。開催期間は5月(予定)までで、チケット料金は4800円です。

【参考記事:新宿の日本最大級VR施設「VR ZONE SHINJUKU」を体験!

人気バンド「Coldplay」の360度VRライブ

Coldplay ライブ(イメージ)/出典:Galaxy

2017年8月18日、英国の人気ロックバンド「Coldplay」の360度VRライブが、アメリカから世界50カ国に向け生中継されました。

「Coldplay」のワールドツアー“A Head Full Of Dreams Tour”のパフォーマンスを高精細360度VRライブストリーミング映像を配信しました。

「Coldplay」のVRライブ配信を行ったGalaxyでは、ライブ会場にいるかのような没入間のある映像を体感できる新しいエンターテイメントして、VRライブコンテンツの展開を進めています。

アイドルマスターのVRゲームでライブ体験

「アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション」は、PlayStation VR用のVRライブコンサートです。シンデレラガールズたちのコンサートを目の前で見ることができます。架空のアイドルたちがまさにそこにいるかのように体験できるVRライブコンテンツです。

ドコモのVR動画アプリ「dTV VR」

引用:dTV VR/Google Play

株式会社NTTドコモが提供するVR動画視聴専用アプリが「dTV VR」です。ダウンロード数は20万を突破し、国内最大規模のVRライブ配信アプリとなっています。

配信されているVR動画は、音楽ライブ、有名アーティストのミュージックビデオや、アニメ、海外ドラマなど18ジャンルから12万作品を選ぶことが出来ます。

dTVは月額500円の料金がかかりますが、「dTV VR」はdTV会員以外でも一部のコンテンツを除き無料で楽しむことが出来ます。

まとめ

VR音楽ライブコンテンツは、実在のアーティストから、ゲームなどの架空のキャラの演じるコンテンツまで様々なものがあります。

スマホで手軽に楽しめるVR音楽ライブから、高精細な没入型のVRライブの体験ができる専用の大型施設まで様々です。その場にいかなくともリアルな体験のできるVRライブコンテンツ市場は今後も拡大し、技術の進歩とともに今までではありえないサービスも展開される可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る