スマホ用ゴーグル「VR SHINECON」の評価と使い方レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

VR SHINECONは、スマホ用VRゴーグルです。比較的手頃な価格で購入でき、amazonレビューでも高い評価を得ています。

この記事では、VR SHINECONの評価と使い方、「買い」かどうかについて説明します。

VR SHINECONとは?

© VR SHINECON

VR SHINECONは、3000円程度で購入できるスマホ対応のVRゴーグルです。特殊コートされた高品質の非球面光学レンズを採用するなど、スマホ用VRゴーグルとして申し分ない性能を有しています。まずは特長から見ていきましょう。

4〜6インチのスマホなら機種問わず利用可能

VRゴーグルを購入する前に、必ず自分のスマートフォンのサイズが対応しているかを確認してください。VR SHINECON は4~6インチのスマートフォン(W59~78×H160程度)に対応しており、幅広い機種で利用が可能です。また、AndroidとiOS両方のスマートフォンに対応しています。

瞳孔間距離・焦点距離の調整可能

本体上部にあるダイヤルを回すことで瞳孔間距離と焦点距離の調節が可能です。瞳孔間距離とは両目の間の距離のことで、これを自分の目に合わせて調整することで目の負担が減り快適なVR体験が可能になります。

また、視力の関係で映像がぼやけてしまうような場合は、焦点距離を調節してピントを合わせる必要があります。瞳孔間距離と焦点距離の両方を調節できることは、このゴーグルのメリットと言えます。

メガネをかけたまま使用可能

基本的にはVRゴーグルの枠内に収まるサイズのメガネであれば使用可能です。VR SHINECONの場合は幅13cmまでの小さめのメガネであれば、メガネをつけたままゴーグルを装着することが可能です。

また、瞳孔間距離と焦点距離の調節が可能なので、強い乱視などがなければメガネ無しでの利用も可能です。焦点距離の調整は左右それぞれで行うことができるので、左右の視力差があっても対応できます。

VR SHINECONの使い方

次にVR SHINECONの使い方をご紹介します。基本的な使い方は他の一般的なVRゴーグルと同様です。他にも取り外し可能な前面パネルや瞳孔間距離・焦点距離の調節機能などVR SHINECONならではの特長がありますので、あわせて紹介していきます。

あらかじめ見たいアプリや動画をスマホにダウンロード

VR SHINECON装着中はスマートフォンの操作がしにくくなりますので、装着前に体験したい動画やアプリをスマートフォンにダウンロードしておく必要があります。

VR用のアプリはAndroid ならGoogle Playから、iOSなら App Storeからダウンロードしてください。VR用の動画はYouTubeで、「VR 3D」などのキーワードで検索して探すとよいでしょう。

VR SHINECONを装着する前に使用したいアプリや動画を起動しておきましょう。

本体前面の固定カバーを開け、スマホを装着

本体前面の固定カバーを開き、スマートフォンを留め具に固定します。スマートフォンをセットしたら固定カバーを閉じ、本体を頭に装着してください。人間工学デザインのゴム製ベルトが頭の形に合わせてフィットするようになっています。3か所あるマジックテープで長さを調節して固定してください。

本体前面にあるパネルは取り外しが可能です。動画の視聴などでスマートフォンが熱くなったり、蒸れを感じたりしたらパネルを外して空気を循環させてください。メッシュ構造で熱がこもりにくいつくりになっていることもVR SHINECONのメリットとなっています。

また、パネルを外すことで、スマートフォンのカメラ機能を使うことも可能です。

調節ダイヤルで、瞳孔間距離・焦点距離を調節

VR SHINECONを装着が完了したら、瞳孔間距離と焦点距離の調節を行ってください。

瞳孔間距離の調節は、本体上部の真ん中にある横向きのダイヤルを回して行います。焦点距離の調節は、本体上部にある縦向きのダイヤルを回して行います。左右それぞれでの調節が可能です。映像が最も見やすい位置になるよう調節してください。

瞳孔間距離と焦点距離をしっかりと自分に合うように調節することはVR酔いの対策にもなりますので、必ず行いましょう。

VR SHINECONは「買い」か?

VR SHINECONは、高品質の非球面光学レンズの採用や瞳孔間距離と焦点距離調節機能などスマホ用VRゴーグルとして+αの性能を有しています。スマホで気軽にVR体験を楽しみたい人や高価なVR機器を買う前に試しに使ってみたいという人は購入してみてもよいでしょう。

ただ、3000円弱という価格はスマホ用VRゴーグルとしては格安とは言えず、同じ価格帯であればCanbor VRゴーグルの方をおすすめします。

【参考記事:スマホVR「Canbor VRゴーグル」の使い方と評価レビュー

まとめ

amazonレビューでも高評価のVR SHINECONについて紹介しました。スマホ用VRゴーグルとして申し分のない機能を備えたVRゴーグルと言えますが、同価格帯もしくはより低価格のものと比較すると他にもすぐれたVRゴーグルが存在します。自分に合ったVRゴーグルをみつけて、VR体験を楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る