2021年VRでこれからできるであろうこと!

VRは21世紀から大きく発展し、誰もが一度は耳にした単語ではないのでしょうか。VRとはバーチャルリアリティ(Virtual Reality)の頭文字をとった言葉です。仮想現実という意味を持ち、現在普及されているVRは頭にヘッドセットを装着することで体験することができます。

VRと聞くとVRゲームなどを想像する方が多いですが、実は他の分野でも活躍しています。ビジネスでのミーティング、旅行業界では旅行先のイメージ、不動産業界では物件の下見などに使用されています。今回は、これからVRでできるであろうことを話していきましょう(個人的な見解あり)。

VR医療

VRで医療の発展が見込めるとされています。医療の訓練や勉強だけでなく、バーチャル二足歩行などのリハビリにも期待が持たれています。

バーチャル医療訓練

医療の訓練では、ただの映像だけでは実感ができなかった距離感や臨場感を味わえることや、ゲームのようなデモ手術などもあれば医療現場でしか習得ができない繊細な技術も習得することができます。優秀な人材を育てるのには打って付けな技術となるのではないのでしょうか。

バーチャルリハビリ

実際にもう導入されているVRでのリハビリもこれから発展していくのではないのでしょうか。仮装空間でのリハビリであれば、ゲーム感覚でできることからも、挫折することもことも少なくなり、リハビリを用する人から見ればとても有難い技術です。

VRでのエンターテインメント

すでにゲームなどでのエンターテイメントはあるものの、最近話題となっているアダルトVRなどもあり、大人の楽しみ方が増えてきています。自宅にいる時間も増えて、これから自宅を出なくても大人の世界が味わえるようになるのはごく自然な発展でもあります。それではどのようなVRの世界がこれから誕生するのでしょうか。

VRでのカジノ

今人気のオンラインカジノでは本物のカジノにいるかのような、ディーラーのライブ映像を配信するライブカジノがあります。VRの技術を使用すれば、自身が本当にテーブルに座ってバカラやブラックジャックといったカジノゲームを楽しむことができます。ギャンブル好きの方にはたまらないサービスになるのではないのでしょうか。カジノ法案も可決されて日本にランドカジノが出来上がることもあり、期待大です。

VRのこれから

今後はさらにVRが活躍する場面は増えていくでしょう。今、世界中から注目を浴びている技術で、これからも様々な分野で大きな進歩や発展を遂げることでしょう。日本では大人が楽しめる分野ではダントツに飛び抜けていて今後も魅了してくれること間違いなしです。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me