2016年はなぜ「VR元年」と呼ばれているのか?

2016年はVR元年と呼ばれています。この年にVR業界が大きく発展し、2017年以降のさらなる普及の足がかりとなりました。その2016年には、VRに関するどのような出来事があったのでしょうか?なぜ2016年がVR元年と呼ばれているのか、その理由となる出来事について説明します。

スマホアプリ「PUNCHLINE VRミュージアム」とは?

「PUNCHLINE VRミュージアム」は、幽体離脱してしまって迷い込んだ家の女の子たちの生活を覗き見ることができるスマホアプリです。可愛らしいキャラクターや豪華声優陣、首を動かすだけでよい操作性も魅力です。アプリの概要や登場する女の子たち、遊び方についてご説明します。

VRカノジョとは?センセーションを巻き起こしたVRゲーム

VR専用ゲーム「VRカノジョ」は、その精密なキャラクタービジュアルや臨場感によって、一大センセーションを巻き起こしました。その名前を聞いたことがある人はとても多いのではないでしょうか。ゲーム概要や遊ぶのに必要なもの、PCスペック、値段や購入方法などについてご説明します。

Oculus RiftはVRブームの火付け役となったHMD

Oculus RiftはPCに接続して使用する、HTC Viveと双璧をなす代表的なVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)です。解像度が高く、体を動かしながらの没入感の高いVRゲームを体験できます。価格や購入方法、設置・セットアップ方法、必要なPCスペックに加え「Oculus Go」についても説明します。

こんなにある!VRのビジネス活用事例を9業種ご紹介

VRはゲームだけでなく、様々な業界のビジネスに活用されています。仮想現実の空間で本物さながらの体験ができるという点が、不動産や医療、スポーツ、観光といったような多様な場面で生かされ、既存ビジネスを大きく飛躍させる技術となっています。VR技術がビジネスで利用されている事例を業種別にご紹介します。