何かと便利!ARを活用したメジャーアプリおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AR(拡張現実)とは、現実世界に映像や情報を表示させる技術です。そのAR技術を活用し、メジャー(ものさし)を現実世界に写り込ませて、長さを測ることができる便利アプリができています。ちょっとしたものの長さを測りたい時に便利で、様々な場面で活用できます。測定方法もアプリによって様々です。

そこで、ここではおすすめのARメジャーアプリ3選をご紹介します。

 

おすすめのARメジャーアプリ3選(iPhone、Android)

2017年9月にAppleがiOS向けAR機能「ARKit」をリリースし、その後多くのARアプリがリリースされています。iOS向けのものほど多くはありませんが、Android用のアプリももちろんあります。数あるARメジャーアプリの中からおすすめの3つをご紹介します。対応機種を確認の上、メジャーアプリをご利用ください。

AirMeasure

引用:AirMeasure/App Storeプレビュー

カメラのレンズを通して見える風景の中にメジャーを表示し、計測することができるアプリです。初期選択されている「Point+Shoot」ツールでは、始点と終点を指定するだけで簡単に二点間の距離を測ることができます。他にも、直方体や床、人の身長など様々なものを計測できるツールが10種類以上搭載されています。

iOS 11及びARKitに対応している機種、すなわちiPhone 6S以降のすべてのiPhoneで利用が可能です。Android用にはベータ版が公開されており、一部の端末で利用が可能のようです。無料です。

Measure

引用:Measure/App Storeプレビュー

ビルの高さやキリの首の長さなど、スマホのカメラの画面内に収まるものであればあらゆるものの長さが測れるアプリです。使い方は簡単で、始点と終点をタップするだけです。単位はインチにも対応しているので、テレビのサイズなども簡単に分かります。長さを表示したまま写真を保存することができるので、ものの長さを記録しておきたい時に便利です。

引用:Measure/App Storeプレビュー

iPhone 6S以降のすべてのiPhoneで利用が可能です。無料です。

AR MeasureKit

引用:AR MeasureKit/App Storeプレビュー

 

スマホのカメラで測りたいものを映して視点をタップし、そこからカメラを動かすと青い線が伸びて長さを測ることができます。他にも移動した距離を測ったり、角度を測定したりできる様々なツールが搭載されています。キューブツールでは、ARで四面体を作成できるので、家具などが入る大きさの段ボールのサイズを知ることができて便利です。

iPhone 6S以降のすべてのiPhoneで利用が可能です。有料(600円)です。

ARメジャーアプリを選ぶときの注意点

ARメジャーアプリを選ぶときは、アプリをインストールする前に必ずレビューの数や内容を確認してください。ものによってはきちんと動作しない、意図せず課金させられたなどのコメントが載っていることがあります。

また、似たような名前のアプリでも別物であることがあるので、ここで紹介したアプリをご利用いただければ安心です。

まとめ

ARの技術を利用してものの長さを測定できるアプリを紹介しました。うまく測定するコツは測りたいものとの距離や角度を一定に保つことです。それでも多少の誤差はありますが、簡単にいろいろなものを測ることができて便利です。対応の機種をお持ちの方は、ぜひ利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る