【オンラインカジノ】バカラとブラックジャックの違いって?

海外に行かないとプレイできないカジノがオンラインで楽しめるということで「オンラインカジノ」が注目を集めています。ルーレットやブラックジャックといったカジノならではのゲームをオンラインで、しかもリアルタイムでプレイすることが可能なんです。今回は中でも人気のトランプゲーム、ブラックジャックとバカラについて紹介していきます。

ブラックジャックとバカラ

カジノのトランプゲームの中でも人気の高いブラックジャックとバカラですが、ルールが分からない方も多いと思います。そこで、2つのゲームのルールと何が違うのかをご説明します。

ブラックジャック/BlackJack

ブラックジャックは、「21」としても知られているゲームです。友達同士とトランプで遊ぶ際にプレイしたことのある方も多いのではないでしょうか?

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの1対1での勝負で、テーブルにプレイヤーが何人いても、各々がディーラーとの1対1の勝負になります。

ブラックジャックでのカードの数え方

  • ブラックジャックでは「J、Q、K」のカードは『10』としてカウント
  • 「A」は『11』または『1』としてカウント

ブラックジャックではプレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られます。カードの合計数が21を超えてしまうと「バースト」になってしまい、その時点で負けになってしまいます。もう1枚カードを引きたい場合は「ヒット」、引かない場合は「スタンド」です。この時に注意すべきはディーラー特有のルールです。

ディーラーのルール

ブラックジャックでは、ディーラーに特別なルールが存在します。

  • カードの合計数が17より下の場合は強制的に「ヒット」する
  • カードの合計数が18以上の場合はスタンドする

プレイヤーはディーラーのバースト狙いでスタンドするのか、21に近づけるためにヒットするのか、そういった駆け引きもあるのでシンプルですが奥が深いゲームです。ブラックジャック 必勝法と呼ばれる方法なんかもあるので気になった方はぜひ調べてみてください。

バカラ/Bacarrat

バカラは「カジノゲームの王様」と呼ばれることもあるゲームで、カジノでも比較的多めにテーブルが用意されているそうです。

バカラは、他のトランプゲームと異なり、プレイヤーは「BANKER」側と「PLAYER」側どちらが勝つかに賭けるゲームになっています。引き分けの「TIE」に賭けることも可能。この「PLAYER」はプレイヤーのことではなく、賭ける場所の名前です。バカラでは、プレイヤーは賭けることしかできないため、配られたカードがオープン(表表示)される時のドキドキ感を楽しむゲームとも言われています。

バカラでのカードの数え方

  • バカラでは「10、J、Q、K」は『0』としてカウント
  • 「A」は『1』としてカウント

まずゲームが始まると「PLAYER」側と「BANKER」側に2枚(3枚の場合もある)ずつカードが配られます。バカラでは、カードの合計数字の下1桁が「9」に近い方が勝ちとなります。最初に配られた際にカードの合計数字の下1桁が8か9の場合は「ナチュラル」と呼ばれ、その時点で高い方が勝ちとなります。

3枚目のカードが配られる条件

特定の条件で3枚目のカードが配れる場合があります。

  1. 「PLAYER」側の下1桁が1〜5の場合、もう1枚カードを配布
  2. このあと「BANKER」側の下1桁の数字と「PLAYER」側の3枚目のカードによって「BANKER」側にもう3枚目が配られるか決定

まとめ

バカラとブラックジャックの違いはディーラーと勝負するか否かというところです。ブラックジャックではプレイヤーがディーラーと勝負する反面、バカラではどちらが勝つか賭けて見守るゲームです。どちらもそこまで時間がかかるゲームでは無いのでスムーズにプレイが楽しめますよ!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me